現金化のメリットとデメリットを知ろう!クレジットカード現金化の仕組みとは?

- クレジットカード現金化のメリットとデメリット

クレジットカード現金化のメリットとデメリット

お金に困って、お金を借りる必要がある、そんな人達の間で、クレジットカード現金化という方法は注目を集めています。
ですが、利用するのは初めてで、よく分からないという人もいるでしょう。
よく分からないまま利用する行為は大変危険ですから、メリットとデメリットをよく理解した上で、利用するかどうか判断するようにして下さい。では、メリットとデメリットを簡単に紹介します。

クレジットカード現金化のメリット

card-image
まず先にメリットについて紹介します。
メリットはなんと言っても、クレジットカードさえあれば、簡単に利用出来るという点に尽きます。
消費者金融や銀行のローンのように、審査を行い審査落ちしてお金を借りれないという事はありません。
審査を一切行わないため、クレジットカードのショッピング枠さえ利用出来れば、誰でもお金を借りる事が可能です。
ですが、審査を行わなければ、返済能力の有無が判断出来ずに、返済が滞れば業者が損をするのでは?
そう考える人もいるかもしれません。
ですが、業者は返済には一切関与していません。
あくまでも、返済先はクレジットカード会社のため、業者が損する事がない仕組みになっているのです。
そのため、利用者も借金という扱いにはならず、ただショッピング枠で買い物をしたという扱いになります。
これは、家族にバレない、今後住宅ローンや消費者金融を利用する際に、審査でマイナスの要因にならないという点でもメリットだと言えるでしょう。
他にもメリットは、全ての手続きがサイト上で行われて、審査も必要ないために、申込みをしてから口座に現金が振り込まれるまでのスピードが速い点が挙げられます。おかげで急にお金が必要になった際に、非常に心強いサービスだと言えますね。

クレジットカード現金化のデメリット

このように、メリットだけであれば、安心して利用する事が出来るのですが、残念ながらデメリットも存在します。
デメリットは、違法行為ではないものの、かなりグレーゾーンな行為だという事です。
法の抜け道を利用し方法なので、決して褒められた行為ではありません。
そのため、クレジットカード会社に現金化を行った事がバレてしまうと、クレジットカードが利用停止になる場合があります。
また悪質業者の存在が無視できずに、トラブルに巻き込まれるリスクがあります。
トラブルに巻き込まれてしまうと、指定された商品を購入したのに、現金の振り込みが行われない。
個人情報が流出してしまい、悪用されるなどの、被害者になる可能性もあります。
しかも、被害者なのに、クレジットカード会社が禁止している行為を行った事で、被害総額を保証される事はありません。
つまり、大きく損をする可能性があるという事を理解しておきましょう。
ただし、デメリットに関しては、悪質業者を利用しなければ、トラブル回避する事が可能です。
そのため、クレジットカードの現金化を行う際には、情報収集をしっかり行い、安全だと信用出来る業者を利用するようにして下さいね。