換金率って何?高いところ選ぼう!

- 換金率って何?高いところ選ぼう!

換金率って何?高いところ選ぼう!

クレジットカード現金化を初めて行う場合、「換金率って何の事だろう?」と思う人もいるかもしれません。
では、簡単に換金率について紹介していきます。

クレジットカード現金化の換金率

クレジットカードを現金化とは、クレジットカードで業者が指定する商品を購入し、クレジットカードで決済を行います。
そして業者がその決済を確認し、商品を買取し、買取の際に発生した現金を振り込むという流れになっています。
つまり、換金率とは、この商品を買取する際の買値を表しているのです。
現在、業者の換金率の相場は80%と言われています。
仮に、あなたが10万円分の商品を購入した場合、換金率が80%であれば、10万円×80%=8万円となるため、振り込まれる金額は8万円となります。換金率80%に高い安い、賛否両論あると思います。
ですが、お金が急に必要な時に、審査が必要なくお金を手に入れる事が出来る手段と考えた時に、利用したいと考える人が数多く存在する事は事実です。
そして、それなら換金率は高い業者を選んだ方が得だと思う人もいるでしょう。
時折換金率98%という業者を見かける事もありますが、この場合悪質業者の可能性が大です。
どれだけ換金率を高く表示してあっても、実際に現金を受け取る事が出来なければ、絵に描いた餅に過ぎないという事を理解しておきましょう。業者選びは、換金率の高さよりも、安全性の高さの方が重要だという事を忘れないで下さい。

換金率以外のお金

クレジットカード現金化の際に、発生するお金は換金率ばかりに注目しがちです。
ですが、それ以外にも、業者に支払う手数料だったり、クレジットカード・ショッピング枠の分割払いの際に発生する利息だったりします。なので、この事もよく考慮した上で、利用する価値があるのかどうか判断するようにして下さい。
クレジットカードを現金化する事で、メリットがある事は事実です。
ですが、換金率や手数料、分割払いの利息を考慮した上で、いくら手元に残り、総額でいくら支払う事になるのか金額を把握してから利用する事をお勧めします。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »